文系お姉さんの日記

元接客業、現在接客兼販売業の20代文系お姉さんの日記。とはいえその日の出来事はほぼ書きません。

初めてしゃぶしゃぶ食べてきた

24年生きてきて一度も食べたことがない、と前々からあちこちでこぼしていたら先日連れていってもらえた。

本当に食べたことがなく、したがって食べ方も知らないので、こっそりスマホで『しゃぶしゃぶ 食べ方』を検索していた。レシピばっかりで役に立たなかったが。

どのくらいしゃぶしゃぶに対して知識がないかというと、囲んでいるあの鍋の中身は真水(お湯)だと思っていたくらい。ただ水で煮て美味いのか、とずっと思っていた。そのあとタレにつけて食べるのも知らなかった。


実際に食べてみて、焼肉みたいに「肉だ肉だ肉だ!!!」ってノリで食べるものではなくて、穏やかに「おいしいねー」って言い合って食べるものなんだとわかった。

おいしかった。



実家を離れてから割と食に関して興味が出たというか、結構食べられるようになった。

好きな食べ物を遠慮して食べなかったり、逆に取られないようにがっついて食べたりしなくていい生活は精神衛生的にとても良い。

食べ物を分け合うのも大事だけど、分け合ってもお腹いっぱい食べられるようにしないと異様に食に執着するか逆に興味無くなると思う。



しゃぶしゃぶを食べたので、これで食べたことがないけど食べたいご馳走はすき焼きだけになった。これに関しては味もわからない。すき焼きのタレで煮たものは実家で出てきたけど、率先して食べなかったから味が記憶にない。

すき焼きを食べたことがないと公言すれば、また誰かが「じゃあ一緒に食べに行こうか」と言ってくれるだろうか。自分から誘えばいいんだろうが、何分にも食べたことがない故にどこで食べられるのかも知らない。焼肉で言う牛角みたいなお店があるんだろうか?

まあとにかくしゃぶしゃぶはとてもおいしかった。