文系お姉さんの日記

元接客業、現在接客兼販売業の20代文系お姉さんの日記。とはいえその日の出来事はほぼ書きません。

遂にすき焼き食べました

先日、他人の食べ残しですがすき焼きを食べました。
すき焼きはしゃぶしゃぶと並んで『憧れの食べたことないご馳走』として私の中で夢の食べ物で、去年しゃぶしゃぶを食べたので次はすき焼きか!と期待していた矢先でした。

いや、まず他人の食べ残し食ったのかよ意地きたねぇなと思われそうですが、これはきちんと葛藤した上でのことです。

そもそも私はあんまり親しくない人と食べ物を共有するのが嫌で、というか食事自体よっぽど仲良くないと嫌だっていう変な癖があるのです。

が。

「いや……食いたくねぇよ他人の残飯……でも食べ放題だから残すと金取られるし……」という貧乏根性の方が勝ったので頑張って食べました。
今にして思うと食欲とは別方向に意地汚い気がしますね。


そんな不本意な形での初すき焼き、感想は

「甘っっっっっっっっ!!?( ゚д゚)」

でした。

もうちょっとしょっぱいのかと思った。卵を入れてみたかったけど、食べ残しのため具がまばらで冷めかけだったので断念。

いえ、決してマズいわけではないのです。味わうものが入ってなかっただけなのです。食べ残しなので。
でも他人の食べ残しという嫌悪感を甘ったるい汁とともに飲み下した私は偉かったと思います。

ちなみにこのすき焼きを残した人は私を潔癖症だと思っているらしいんですが、たとえ潔癖症でなくても他人の食べ残しは誰も食べたくないでしょう。


不本意!初すき焼き、まじ不本意


今度はあったかくて具のいっぱい入ったすき焼きを、卵を絡めてお腹いっぱい食べたいです。