文系お姉さんの日記

元接客業、現在接客兼販売業の20代文系お姉さんの日記。とはいえその日の出来事はほぼ書きません。

石鹸で頭洗ってみた

いつ頃からか頭皮の状態が世紀末レベルになってしまった。
毛は乾かしたそばからベタつき、前髪をかき上げれば滲んだ血が指先につく有り様で、このまま放置すれば『北斗の拳』の雑魚キャラのようなモヒカン頭に自然の摂理でなってしまうのではないかと恐怖に駆られるほどの荒れようである。


なんでかな〜なんか心当たりないかなぁとここ数ヶ月の洗髪事情を思い返すと、

「今まで使っていたシャンプーがリニューアルした(成分が変わった?)」

のが原因ではないかと。


じつはリニューアル品に詰め替えた初日、洗った直後から痒いし夜に頭洗って次の日の朝にはフケがすごいしで散々だったのだが

「開けたばっかりで捨てるのもったいないし髪そのものは指通り良くなったからもう少し使ってみよう」

と謎の前向き思考(という名の貧乏性)で使い続けていた。


そして先日遂に生え際に湿疹ができてしまった。
さすがにヤバいぞと焦り、早急にシャンプーを変えることにした。


しかしながらゆゆしき問題がある。
そのシャンプーは無香料で添加物フリーかつ肌に優しいアミノ酸系のもので、これで肌荒れするとなれば市販のシャンプーはほぼほぼ使えなくなってしまうのだ。

じゃあ美容室のシャンプーでも、とアマゾンで見てみれば、1000円以下のシャンプーで頭洗っていた人間にはビビるお値段。
これで合えば良いが外れたら泣くしかない。


じゃあこれしか無いわい
とヤケクソで選んだのが牛乳石鹸の赤箱。

石鹸で頭洗うなんて髪きしみそうとか思ったけど、下手なシャンプー使って頭皮やデコの皮膚がぐちゃぐちゃになることを考えれば背に腹はかえられぬ。
もし合わなくてもお安いですし、顔や体洗えばいいから怖くない。


ということで早速石鹸で頭洗ってみた。


まず入浴前に目の荒い櫛で髪を梳かす。
これである程度汚れは取れるらしい。
どのくらい梳けばいいのか分からんかったので10分くらいやってみた。


次にお湯だけで髪や頭皮をしっかり洗い流す。
これでほぼ汚れは落とせるようだ。

じゃあ湯シャンでもええかと横着しようと思ったけど我慢。


そして石鹸を泡立てて頭を洗う。
この瞬間から髪がギシギシしてやらなきゃ良かったと後悔。
特に染めている毛先が泡立たない上に古くなったリカちゃん人形の髪ばりにごわついた手触りになっていた。

石鹸カスが残らないように丁寧にすすぐ。
髪の毛がキュッキュッと聞いたことのない音を出してた。


最後にリンゴ酢をお湯で薄めたリン酢を髪と頭皮全体に行き渡るように頭からかぶって、2、3分置いてから再びすすいでおしまい。

リン酢かぶったらギシギシの髪が一瞬でマシな手触りになって面白かった。
でもやっぱりきしみは気になる。


絶望しきって乾かしたら、まあ不思議。
サラサラ直毛になっていた。

若干手触りは硬い感じがするけどきしみってほどでもなく、酢臭さもない。
牛乳石鹸の良い匂いがする。


問題の頭皮も目立った異常はない。
痒みも一切ない。
いけるか!?と期待して就寝した。


一晩経った。痒みなし、フケなし。

手触りも良く、かなりサラサラ。
寝癖つかなくて驚き。過去最高レベルです。




石鹸とリンゴ酢リンスのメリットは
『安い、肌に良い、仕上がりが綺麗』


デメリットは
『手間がかかる、洗ってる最中が指通り悪くて地獄、かぶった瞬間のリン酢がクセェ』


とりあえずしばらくは石鹸洗髪でいくつもりだけど、ぶっちゃけめちゃくちゃ面倒くさいので良いシャンプーが見つかるか湿疹が治ったら止めるかもしれない。