文系お姉さんの日記

元接客業の20代文系お姉さんの日記。とはいえその日の出来事はほぼ書きません。

ぐだぐだ日記

久々のわりにオチのない話

最近仲良くなった人がカメラ好きだった。私もカメラってか写真好きなので一緒に撮りに行ってきた。彼女は良くカメラ好きな友達と旅行がてら撮影しに行っているようで、そりゃもう綺麗な写真ばっかり撮れる。私といえば、可愛い女の子のポートレートが大好き…

そーれイッキ!!!イッキ!!!

よっぽどのことがない限り出された食事は完食するようにしている。と言うのも実家だと人数が多くておかず争奪戦になったり、一個しかないお菓子を何等分もして分けて食べたりしていたので「私ひとりでお腹いっぱい食べていいなんてありがたい!」と貧乏性が…

久々に

退屈しのぎにネットを見ているうち、とあるサイトを見つけた。それは男性セラピストによる女性専用マッサージ、言うなれば女性用◯俗を個人経営している人のサイトだ。男性用のそれとは異なり、妖しいデザインでもなく下品で煽情的な文句もうたわれず、加工し…

結局容姿なんざ自己満ってのはわかってるけど

容姿に関する悩みは尽きない。左右非対称の小さい目とかキメの荒い血色悪い肌、短い手足と筋肉がみっちりついたゴツい肩。背が小さいのに骨太で、いかにもメスゴリラである。病気になって骨密度が低下したんだから、中身がすかすかになるんじゃなくて細くな…

そういう人を癒す立場でありたい

中学時代は3年間、同じ男性教師が国語担当だった。 多分2年生のときに「盆土産」という小説を授業で取り上げた。出稼ぎに行っている主人公の父が、主人公が食べたことがないエビフライをお土産に盆に帰ってくる話。確か主人公の家には母親がいなくて(死別…

お客さんの話

来店したお客様に「いらっしゃいませー」「おはようございます〜」と挨拶しながら品出ししてたんだけど。 一人で買い物に来てた60代くらいの女性のお客さんに「あなた良い挨拶ねー」と声をかけられた。なんかこう、ちょっと驚いた感じに。よく言われますーあ…

ホンワカパッパホンワカパッパ

この年齢にもなってドラえもんが好き。大山のぶ代時代のが特に好き。 のび太はいいなぁって思う。 ジャイアンやスネ夫にいじめられても、先生に怒られても、しずちゃん(あえて原作意識)を出木杉にとられても家に帰ればドラえもんがいるんだぜ。 ドラえもんは…

そもそも「感想」に評価つけんなよ

お題「読書感想文」 読書感想文が大嫌いだ。 読書は大好き、でも感想文は嫌い。原稿用紙3枚分とかダルすぎる。 何が嫌いって、ルールが多い。 やれあらすじ書くな、自分の体験入れろ、その本から何を学んだか書け。 そのくせルールが不明瞭なところもある。…

音読の宿題もあんまり好きじゃなかった

オセロ、折り紙、ダンスが苦手なのは何度か書いたが、そこまでではないけどあんまり得意じゃないことがもう1つある。音読である。 自分が書いた文章にしろ他人が書いた文章にしろ、どうも出来上がった文章を読み上げるのが苦手なのだ。何かの発表の際、原稿…

書いてるときに泣いたのは一回だけある

久々に創作活動を再開した。 さて、リハビリを兼ねて短編小説を書き出したけれどどうもしっくりこない。というか、書き方がわからない。 今まではどういうテーマのこういう話を書こう、と決めて書きたい場面を置き、書くべき部分で繋いでいく感じで書いてい…

正解は油で取る、らしいけど無理じゃね?

お題「最近涙したこと」 美容のためにトマトジュースを飲んでいた。 マグカップになみなみトマトジュースをつぎ、いざ飲まんとしたところでテーブルの端にタバスコを発見する。 「タバスコって本当はトマトジュースに入れる用なんだぜwww」 と何故かドヤ顔で…

かき氷シロップって味全部一緒なの?

お題「かき氷」 もう秋なんだろうけどくそ暑い。 今更だけどかき氷食べてきた。7、8年ぶりじゃないだろうか。お祭りは嫌いだし、かき氷売ってる店には行かないし、実家のかき氷作るやつは壊れてるし。 食べたのはみぞれ。色気無いしシンプルな味だけど大好…

夢見がちってか現実見すぎ

夢に悩まされてます。 元々夢をよく見る方で、見た夢の中で印象的だったものは何年経っても覚えていることすらあります。 だいたいはしっちゃかめっちゃかな、脈絡の無い夢ばかりだけど、たまにストーリー性のある夢や繰り返し同じ夢を見ることもあります。 …

因みにベースは現在手放してしまった

前にやつあたりに関する記事を書いたけども(http://mmdr777dole.hatenablog.com/entry/2016/04/05/191616)、それからしばらくして「お前はやつあたりしないのか」と聞かれたんですよ。「しない、疲れる」と答えて終わったんだけど、そういや全然やつあたりし…

将来の夢

小学校の卒業文集、私は将来の夢というタイトルで書いていた。内容は単純明快、「何やっても向いてるとは思えないからこれから見つけていく」。当時から近代文学に傾倒していたので妙に気取った文体で、それゆえに馬鹿を露呈するものだった。 それから10年…

でもお手紙書くのは好きだよ

前に「ひらがなを書きたくなくて新たに文字を開発しようとして断念した」話を書いたけど。実はひらがなだけじゃなく自分の書く字自体嫌いなのだ。 文章を書くのが一番大好きな趣味なのでジャンル問わずこちゃこちゃ書いているが、どうも自分の直筆だと最後ま…

ガラスの靴ってなんで割れないの

お恥ずかしい話ですがシンデレラが大好きです。うちのマッマがジブリ派なので某ネズミの大将率いる会社の映画はほとんど見たことないんですが、シンデレラは別。レンタルビデオ屋から借りてきて、あんまり繰り返し繰り返し見るもんでビデオをぶっ壊し、親が…

男性美容師は余計緊張する

ホットペッパービューティーで地元の美容室を探すと、もーお洒落なとこしか出てこない。コンサバな格好した栗色ゆるふわセミロングなお姉さまが、サマンサタバサのバッグ片手にぱっちりメイクで来るみたいなとこ。 まず店そのものがお洒落。アロマ焚いてある…

口座の残高200円切りました

7月最初の投稿がこれとか悲しすぎだろ。 メインで使ってる口座がイっちゃったので、これからは貯金崩さねばならないのです。 もっと我慢して働けばよかった。 ブラック会社まじ潰れやがれ、とか悪態ついてたけど、なんも特技のない私にはちょうど良い会社だ…

未だコーヒーは苦手

他人が休みの日に働き、他人が仕事の日に休む職業だったので、実家暮らしのわりに家族と会わずひとりで食事をすることが多かった。 家にいても暇だし食べるものも無いしで、適当に店を見つけてそこで済ますのがしょっちゅう。車は仕事の日以外使えないので電…

他人の日常ってどうでもいいし面白い

このブログのアクセス解析をすると、たまにぐーぐるとかやふーで検索して記事に行き着いている人がいるのがわかる。 まあ多分ブログ名の『無職』に引っかかるんだと思う。無職から這い上がって再就職に持ち込むまでの過程を期待して読む人がいたら大変申し訳…

住民税とか予想外

先月初めて自分で年金を納めてきた。今までは給料から引かれてたので意識しなかったが、いざ納める額を現金で見るとぞっとした。「私もちゃんと年金貰えるんだろうな、納めるばっかで返ってこなかったら暴動起こすぞ」なんて思ってないよ。 で、昨日郵便でき…

些細なことがトリガー

数年前の夏のこと。 (=゚ω゚){あれ、麦茶がぬるい… 冷蔵庫の中身が全く冷えてなかった。かつて冷たかったであろう物ものがすっかり温まって水滴がついている。 野菜室も同様。冷凍庫に至ってはアイスが溶けてジュースになっていた。ホームランバーが全滅だった…

白黒つけてやろうぜ

オセロがクッソ下手である。 前に折り紙が苦手なことは書いたと思う。それと同じくらいオセロも苦手だ。ちなみにダンスも。ダンス、折り紙、オセロを「俺的回避必須三部作」と命名したい。 オセロは2、3年前くらいに電車で移動中、あんまり好きじゃない知り…

先生ハンコをください

人それぞれっていえばそれまでなんだけど、私すごい!って自分で思えていれば、マウンティングや自慢はしないらしい。逆にしているときは私ダメな奴かもしれないって思ってるってこと。あと「そうじゃないよ」って言ってほしくて自虐するのも結果それ。「私…

きりっと、びしっと

お相撲を観にいきたい。と常々思う。 テレビでならよく観る。センターの一番いいかんじのアングルだから悪くはない。でも生で観たいんだよなぁ、武道はあのびりっとした空気を肌で感じるのが楽しいんだ。 だいぶちっちゃい頃に茶道をちょろっとかじったこと…

さすがプロといったところ

短大時代の友達としこたま飲んできました。結構酔ってたらしく、散々飲み食いしたのに夜中ホテルでめっちゃでかいプリン食べてた。朝起きて胃もたれと若干の二日酔いに苦しみました。アホめ。で、帰りの電車まで暇だったので「100円ショップでも行くか」とふ…

23歳になりました

まさか無職のまま誕生日迎えるとは思わなんだ。 見栄と「今日くらい贅沢してもいいよね…」という慢心でお酒買ったら親にお金の心配された。うん…。 年くったところで特に何が変わる訳でもなく、若いと分類されるうちに安定したいなぁと思うくらい。地元は早…

0から作ることの難しさ

小学校低学年の頃、私は国語の宿題が嫌いだった。理由は「字を書くのがめんどくさい!」一択である。めんどくさい、漢字もだけどひらがながめんどくさい。数字しか書かなくていいから算数の宿題の方が好きだったくらい。ある日私は発狂する。「ひらがななん…

でも和柄の折り紙は好き

折り紙が苦手である。まず端と端が綺麗に合わせられない。めちゃくちゃ時間をかけてようやくできるかできないか。それでもだんだんずれてきて、出来上がる頃には歪みが酷いシロモノになる。折り紙界一ポピュラーな鶴は当然折れない。学校の授業とか部活の応…

不意のアクシデントを笑って流せる程度には余裕があるようだ

通帳の残高が10万円を切りそうだ。無論貯蓄用は別にあるものの、減るばかりで増えることのない数字は不安しかない。実家暮らしで良かったねぇ、と母に言われる。まったくもってその通りだ。一人暮らしならとっくに生活が破綻している。いや、むしろ一人暮ら…

「カワイイ」を諦めた私を見逃してくれ

高校時代、同級生に今で言う橋本環奈ちゃんみたいな可愛い子がいた。外見ライフスタイル立ち振る舞い、すべてが可愛く女子力が高く、男子からは憧れられ女子は嫉妬すらできないほどだった。ある時担任の男性教師が、お昼の時間にヨーグルトを食べる環奈ちゃ…

お前のモットーは安雑貨屋のヘアピンか

だいぶサボってた。体調不良ってことにしといてください、親知らずが痛いのは事実だから。前に見たテレビ番組で、ミニマリストのお兄さんのご自宅にミニマリストになりたい()お姉さんが来て勉強するってのをやっていた。妻子持ちなのに「壁と床しか無くね?…

初心忘るるべからず

誰しも始めはビギナーである。当たり前田のクラッカー。新人研修の時期ですね。私は隠居してるんでまったく関係ないけども。引きつった笑顔のお兄さんお姉さんがあっちこっちにいますね。たまに「なんでガキがスーツ着てんの⁉︎」って思うようなはっちゃけた…

「誰よりも大切なあなた…」になるために

昨日の閲覧数すげーな…大したこと書いてないのに。誰かの1番になってみたい、というのが長年の願いである。大抵みんな私より仲良い人がいるし、私より好きな人がいるし。知人が以前「自分は最高の2番目だと言われた」と嘆いていたが、私は2番目にすらなれな…

私はノーカラー

無職1ヶ月記念日を過ぎていた。こんな嬉しくない記念日がありましょうか。ほいっと旅行に行ってたりもしたので、ますます隠居感がハンパない。ぼんやりしているうち、気がつけば退職前より2キロも太っていた。これは良くない。無職、ひきこもり、デブの三拍…

アマゾンからあなたへ(送料別

Amazonの配送料が2000円以上だと無料だというので、じゃあせっかくだしまとめて買っちゃうかと欲しいものリストを漁ってみた。まずシャンプー。今まではノンシリコンのちょっと良いオイルシャンプーを使ってきたが、そろそろ節約しようと同じくノンシリコン…

隠居してる20代文系だけど質問ある?

駅でぼんやりしてたら、真新しいスーツや制服に身を包んだ人たちと沢山すれ違った。新入社員、新入生ですね。妙にごちゃごちゃにお洒落キメてるのは大学生かなぁ、慣れてない化粧とウェイ系な喋り方が微笑ましい。早々に社会人生活をドロップアウトした身と…

ニフラムで消される系の奴でした

フェイスビュッコのアカウントを作ったものの、ほとんど活用していない。友達が少ないのとほぼついったーしか使わないのと、何よりリア充な元知人達の生活を覗くのが拷問レベルに辛いからだ。地元には知人はいたものの親交がなさ過ぎて今や元知人である。そ…

江戸の敵は長崎で討たずに江戸で討ってくれ

やつあたりが嫌いだ。好きな人はいないと思うけど。されるのもやだししてる人を見るのもやだ。あんまり人前で怒らないので、よくやつあたりされる。愚痴を聞いているうちになぜか私が怒られるのだ。余計なことを言った訳じゃない、基本的に愚痴には相槌打つ…

布団の中でわあわあ言うやつ

こうも時間が有り余ると、思い出したくないことまで考えてしまう。自分がされたことに関しては忘れてしまえるし許すことも難しくない。ところが自分がやらかしてしまった側ならどうだ。しかももう会うこともない相手に。許しを乞うのも不可能であり、忘れて…

折角なので嘘の話でもひとつ

まあ、嘘の話なんだけど。在職中に他県のテレビ局から取材を受けたんですよ、会社の新しい事業について。私が営業しているところを密着取材。その後簡単なインタビューって感じで。なんか変だなぁって思ったのはインタビューに入ってから。やたらプライベー…

電気羊の夢を見る

寝過ごして髪を切りに行けなかった。あの美容室に縁が無かったと言い聞かせる。もうちょっとがっついて生きていくのもいいかもしれない。ここ数年大抵のものは与えられるまま受け取ってきた。もっと意欲的に動こう。

愛を囁いてみちゃう系

元職場の某男性社員が中々色気のある人だった。容姿も良いけどそれ以上にものの言い方がセクシー。奥さんが髪型を変えるたびに褒め、さりげなく「前の髪色も好きだったよ」と自分の好みも伝える。手料理は残さずおいしいと言いながら食べ、変な献立が出ても…

私の作るカレーはまずい

タイトル通りである。一人暮らしをしていた大学時代、卒論の提出期限が迫った頃はアパートの自室に引きこもっていた。コンビニに行くことすら躊躇うほど切羽詰まっていたので、常備食としてカレーを大量に作って冷凍しストックしていた。それをその都度解凍…

妹の写真

幼い頃、大切なものを小さなリュックに詰めていつも持ち歩いていた。中に何が入っていたのかはもう覚えていない。たぶん可愛いメモ帳とかシール、ビーズのアクセサリーとかだと思う。母から聞くところによると、その大切なものの中に妹の写真があったらしい…

褒めてもらえるなら

セルフポートレート作家の某女性が、「脱いで写真を撮るとみんな綺麗と言ってくれる、だからやめられない」と話していた。わかる、すっごくわかる。褒められると頑張っちゃう。私はどちらかというと怒りをバネに生きているので、罵倒された後今に見てろよと…

何もないことの利点

無職の朝は早い。家族が仕事に出た直後の朝8時に起床し散歩、コンビニで朝食を買って帰宅し布団を干す。遅番の仕事がある家族を送り出し朝食を済ませる。仕事もスキルもないが、花粉症もアレルギーも何もない。春のあったかい日に布団を干せ、適当に選んだ食…

血圧と意識は低い低い

新幹線の座席でパソコンかたかたやってる人がいた。というか結構いる。みんなそんなに仕事多いのだろうか。それとも単に意識高い系なんだろうか。移動中も仕事をする自分に酔っているんだろうか。一度だけ私も電車でパソコンかたかたやったことがある。大学…

意地は張っても悪くするな

可愛いショートパンツはいたところで脚が汚く靴下が粗末だったら何の意味もなさない。と、家を出てから気づく。一旦引き返して着替え直すのも億劫で、駅で適当にストッキングを買ってトイレで履きかえた。黒ストッキング。何とかごまかせそうだと思った。自…